2007年11月30日

小説 蝶の戦記 下 池波正太郎

下巻は、信長に翻弄される、於蝶って感じで、
ストレスがたまる・・・。
痛快とは行かないのは、仕方ないよなぁ。

でも、エンディングは綺麗かな。こういうの好きだ。
posted by 私 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 魔人ゴング 少年探偵(旧) 20 江戸川乱歩

乱歩のエログロ系ばっかり読んでたら、
ちょっと気持ち悪くなって来たけど、少年探偵団は、
一服の清涼剤だな。すがすがしい。

魔人ゴング読むのは初めてだなぁ。
でも、既視感を感じるのは、大人向けのギミックを
うまく流用してるからだろうなぁ。

冒頭、花崎マユミ少女助手が登場して、
「女王さま、ばんざい。」
黒蜥蜴かよ!。と一つっこみ。

その後、ミニスカートのマユミさんを襲う賊の挿絵があるんですが、
どうみても変質者にしか見えません。

寂しさを感じるのは、チンピラ別働隊が、
いまでは五人になっています。
みんな明智先生の紹介で、パン屋とかで働いてるのかな・・・。

今回は、小林少年のピンチに非常にドキドキしました。
しかも、ちょいグロで、個人的には受けつけないです。

さすがのゴングも、すっかり、あきれてしまいました。
ラストの方にある、ゴングの気持ちですが、どこかほのぼのです。

また20年位したら、読みたい1冊ですね。
posted by 私 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV もやしもん 農大正門攻略戦

木曜のこの枠のテレビアニメは、のだめもそうだけど、おもしろいよなぁ。

録画してまで、と思うけど、今週は、録画すれば良かった。
媚薬をからめるあたりが、面白いよなぁ。
posted by 私 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

小説 江戸川乱歩全集 第十一巻 緑衣の鬼

緑衣の鬼
悪魔の紋章

緑衣の鬼は既読なので、省略。
小説 緑衣の鬼 江戸川乱歩
http://beebooblog.seesaa.net/article/66120758.html

悪魔の紋章
少年探偵版を先に読んだので、
小説 呪いの指紋(旧)28 江戸川乱歩
http://beebooblog.seesaa.net/article/69566269.html
衛生博覧会のくだりを確認したくて、読んでみた。

設定がデパートでも、あんまり変わらないといえば、変わらない。
内容もそんなに大きく違わないように思えたかな。
少年探偵版が、完成されてるって事なのかも。
posted by 私 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 地獄の仮面 少年探偵(旧) 32 江戸川乱歩

元は吸血鬼だそうです。タイトルじゃわからないですね。

実は、内容の方も吸血鬼というタイトルだけじゃ思い出せなくて、
最初のコップの決闘?から段々と思い出して来て、
途中で、やっとアレだと理解しました。

ピシリ、ピシリ、とはげしいむちの音が、その間にまじる。
おおー、少年探偵でも、頑張ってる表現ですね。

文代さんの下りは、国技館の菊花大会だったっけ?とか思いました。
もうかなり忘れてますね。ある意味、私は2度楽しめて幸せです。

前回も思ったのですが、茂君が食べたいもの、のシーンは、
胸がキューッとします。こういうの弱いんです。

個人的には、吸血鬼も完成されてるスタイルだなぁと思いました。
また機会があれば読みたい所です。
posted by 私 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 江戸川乱歩全集 第四巻 孤島の鬼

孤島の鬼
猟奇の果

孤島の鬼は既読なので、省略。

猟奇の果
ギャー。グロ部分が気持ち悪いぃ。
ちょいグロなのに。エロ部分もそんなに無い。
他のに比べると、むしろちょいエログロなんじゃないだろうか。
両人奇怪なる曲馬を隙見すること

途中、中だるみというか、かったるくなっちゃったかなぁ。

クライマックスは、個人的には好きです。
ドキドキしました。

でも、自分の好みじゃなかったです。
後死ぬまでに、読むことがあるかどうか・・・。
posted by 私 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV 美肌泉隊SPAレンジャー

思いっきりイイテレビは、どこへ向かってるんだろ。
けばけばしいセット、うるさいゲスト。
普通に、チャンネルがピンポン!に変わってる事が多いもんな。

今日は何の日だけは、変わらず面白いから、見てたけど、
今日はトキワ荘だったな。

その後、そのままの流れでやってたのが、これ。

あ、仮面ライダーに出てた萩野崇さんが出てる。
半田健人さんは、タモリ倶楽部とかバラエティに
出てるイメージあるけど、意外だ。

若い主婦向けなんだろうか・・・。
posted by 私 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 蝶の戦記 上 池波正太郎

くノ一の於蝶。
これだ!今、読みたい忍者小説は、こういうのだよ!
こんな作品があるなんて、知らなかったなぁ。
人生を損してた。

くノ一と、上杉謙信の小姓という設定とか秀逸だもんな。
これ、下巻もあるから、すごい楽しみだな。
posted by 私 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV 週刊プレイガール 熱さに耐える女

たまたま、チャンネル変えてたら、サウナで折り鶴折ってた。

サウナでボトボト汗をかいてるのが、すごかったな。
汗が光ってる所で、チャンネルを変える手が止まってしまった。

posted by 私 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV 魔法先生ネギま! バカレンジャー

ああああ、録画しておけば良かった。
戦隊ヒーロー風のOPとOP曲。
カラー爆発までやってくれて最高だ。

本編は・・・普通だ。
最後の必殺技が、ゴレンジャー風味で良かった位。

エンディングまで戦隊ヒーロー風で、手間かけ過ぎで、笑う。
センスいいなぁ。
posted by 私 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

WEB 映画 ルイスと未来泥棒 ブロピタ


ルイスと未来泥棒のトレイラーみたいなのも配信されてるのか。
非ピクサーのディズニーのCGアニメは、んー・・・悩む所だ。

ただ、トレイラーにも出て来るけど、未来のTODAYLANDが、
ディズニーランドのトゥモローランドを模してる、そのギャグには、
センスいいなぁと思った。

ディズニー3Dで上映されるらしいんだよなぁ。んー。
posted by 私 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 灰色の巨人 少年探偵(旧) 19 江戸川乱歩

冒頭、真珠の宝塔が出て来て、あれ?と思ったら、
ちゃんと黄金仮面のお話と書いてありました。

途中のサーカスっていうのが、エログロではないけど、
エログロっぽいな雰囲気が出てますね。

長靴の女王様なんて、最高です。
かなり力入れて、細かい描写がされてます。
ちなみに表紙の少女が、これの絵ですね。

後、1匹しかいない熊が2匹になるあたりは、
ニヤニヤしてしまいました。

最後のクライマックスに、挿絵が1枚あるのですが、
それを見て、「あ!」と思いました。
このシリーズでは、久々ですね。
気がつかなかったー。乱歩すごい。
posted by 私 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 果心居士の幻術 司馬遼太郎

「果心居士の幻術」
「飛び加藤」
「壬生狂言の夜」
「八咫烏」
「朱盗」
「牛黄加持」

忍者ものなのは、最初の2つだけだった。
でも、なかなか堪能できたのは本当。

それでも、やっぱり忍者ものが読みたいな。
posted by 私 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WEB 映画 ベオウルフ トレイラー


ベオウルフの予告編の方は、なかなか見せないな。
でも、こっちの方が、アンジェリーナ・ジョリーのCGは長いかもしれない。
45秒から1分にかけて、15秒位ある。
しかも、それをかなりプッシュしてる、トレイラー。

イイね。
posted by 私 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 赤い妖虫 少年探偵(旧) 31 江戸川乱歩

うん、妖虫だ。化け物屋敷、八幡のやぶしらず、
銀座のマネキンと、ほぼ、そのまま。

微妙に変えてあるけど、んー、
本来変える必要が無いような気がする。
逆に変えた事で、おかしくなってると思う。

相川少年の、
よろこびの方が多かった。
事件に関係して。こう気持ちを述べるんだけど、
少年が、殺人事件を目撃して、こう感想を述べるってのは、
やっぱり無いよな。

あかるく照らし出されたショウウィンドウの中央、赤いソファーに
よりかかって、はなやかな夜会服をつけた人形――。

これ、綺麗な服を来た、かわいい女の子の挿絵付きです。
ギョエー、精神的ダメージですよ。

守君もゆかいになってしまった。
病院を訪ねて。いやいや、ゆかいって・・・・。
少年だとすると、感想にゆかいってなるかなぁ。

最後に、巻末の方に、事件の重要な鍵の挿絵が1枚あるんですが、
ある意味、これをビジュルアル化するか!?と思う1枚。
これまた、個人的には精神的ダメージを食らった。


やはり、鉄塔王国の恐怖とは、同じ要素を使った別物ですよね。
似てるけど2倍楽しめたと思う。
posted by 私 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

WEB 映画 ベオウルフ TVスポット


これが、アンジェリーナ・ジョリーかダレかの、CGで話題の
ベオウルフか。ブロピタも狙ってるなぁ。

TVスポットは短いだけに、いきなり見所?だもんな。
このアンジェリーナ・ジョリーのCGがあると無しじゃ、
WEBでのバイラル度が違うな。
posted by 私 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 白い羽根の謎 少年探偵(旧) 38 江戸川乱歩

最初、元ネタが書いてないので、わからなかったけど、
読み始めて、化人遊戯だと気がついた。

冒頭に本格型って書いてあるんだけど、化人遊戯は
本格型だったのか。そういえば、トリックの手が込んでたな。

個人的には、化人遊戯は、トリックよりも行間?の部分が
面白かったので、少年ものにしてしまうと、
肉が突いてなくて、骨だけの動物というか、
脂身の無い牛肉のステーキという感じがする。

ただ
いいわ。さ、おかあさんだとおもって、あまえてらっしゃい。
とか
なにかやわらかいものはだざわりのものが、
からだの上におおいかぶさるように、おさえつけたかとおもうと、

とかの部分に、名残が残ってるかなーと思った位。

んー。惜しい。微妙。
posted by 私 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WEB ブロピタのおもしろCM また見た記憶が・・・


サムネイル見ただけで、見た記憶がありますよ。

こういうのは、どっから手配するんだろ。
おもしろCMエージェントみたいなのがあるのかな?
posted by 私 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 呪いの指紋(旧)28 江戸川乱歩

元は、悪魔の紋章だそうです。
あれ?悪魔の紋章は、まだ読んでないのか。読みたいぞ。

土ワイの死刑台の美女の原作が、悪魔の紋章か。
チカッ、チカッと、シーンがフィードバックするもんな。
しかも、複数回見てるもんな。

松原千恵子さんが出てたのは、はっきり覚えてるし、
文代さんが大変な事になるのも、目に焼き付いちゃってるもんな。
三重渦状紋とかも、テレビで見た気がする。

でも、この少年版を読んでしまうと、
なんとなく既視感があるな。蜘蛛男かな?

オリジナルには、衛生博覧会があるみたいですが、
少年探偵では、普通にデパートですね。
エログロ分は、マイルドになってるみたいです。

お化け屋敷の見世物は出て来るんですが、
これもマイルドな感じ。でも、鏡の部屋とかカッコイイ。
posted by 私 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 鉄人Q 少年探偵(旧)17 江戸川乱歩

ついに鉄人Qまで来たか。ちょっと?という所もあるけど、
普通に面白かったな。途中まで明智先生が出て来ないので、
最後まで登場しないかと思った。

おばけ屋敷の鏡の部屋とか、いいなぁ。
こういうのは好きだ。

他にも、出だしの不忍池から五重塔への辺りなんて、
目に浮かんじゃうもんなぁ。

ディズニーと名指しして、漫画映画に言及してるのが
面白かったな。大丈夫なんだろうか。
実際には、無い作品かな。こういう作品、聞いた事ないもんな。
宝島は、実写だし。

最後のクライマックスとかは、良かった。
自分の好みにあって、爽快だった。

ふと、ジュピターQって、ってもしやと思った。
posted by 私 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする