2008年02月29日

TV 金田一耕助シリーズ 三つ首塔

TV 金田一耕助シリーズ 三つ首塔

BS-i 金田一耕助の傑作推理「三つ首塔」
http://www.bs-i.co.jp/app/program_details/index/DRT0715300
安永亜衣→座光寺音禰

こういう情報に、意味がない程に、全然違くない?
原作がほとんど存在しないよ。これは・・ないね。自分の中で。
別物です。

それにしても、安永亜衣さんの化粧が、すごいな。
怪しい魅力を出す為と、時代の差なんだろうけど、
違和感がかなりあった。でも、怪しい魅力は確かに出てる。

小説 新版横溝正史全集 13 三つ首塔
http://beebooblog.seesaa.net/article/81776276.html
posted by 私 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV 映画 恍惚

TV 映画 恍惚

テレビ版で見て、エマニュエル・ベアールの名前を見る。
・・・琴線に触れる。

早速、検索。
ブルジョワ夫婦の妻カトリーヌ(ファニー・アルダン)は、
夫ベルナールの浮気を知る。「よくあることだ」と開き直る夫に
ショックを覚えたカトリーヌは、ベルナールの性癖を知るため、
会員制クラブの娼婦、マルレーヌ(エマニュエル・ベアール)に
夫を誘惑するよう頼み込む。
これは見るしかないでしょ。即録画決定です。

ゆっくり時間の流れる、行間の多い映画だった。
それに増して多いのが、淫語。
実際には、淫語字幕。話の筋が、頭に入らない位。
怪しい魅力がすごい。
日本語吹き替えは無理だな。

公式サイト?
http://www.wisepolicy.com/nathalie/
いきなりポールダンスか!
え?女性監督!!なんか納得。
壁紙もポールダンスだし。
そこじゃないだろ。と思いながら、迷わずダウンロードした。

恍惚 - goo 映画


posted by 私 at 03:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

TV 金田一耕助シリーズ 病院坂の首縊りの家

TV 金田一耕助シリーズ 病院坂の首縊りの家

映画版に、優るものではないかなぁ。
フィルムの質感は最高だけど。
かといって、劣るという程でもないかな。

さすがに、山本陽子さんのおさげは、厳しい。
それ以外は、概ね、いいんじゃないですか。

金田一耕助の傑作推理「病院坂の首縊りの家」
http://www.bs-i.co.jp/app/program_details/index/DRT0715200
古谷一行:金田一耕助
山本陽子:法眼弥生(法眼家の実権を握る女性)
川上麻衣子:法眼由香利<弥生の娘>
     :山内小雪→<敏男の義妹、山内冬子と琢也の実娘>(二役)
ね。

posted by 私 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 アダムの裔 小松左京

小説 アダムの裔 小松左京
模型の時代
静寂の通路
青空
人類裁判
お仲間入り
お召し
アダムの裔
いかもの食い
せまりくる足音
そして誰もしなくなった
新都市建設
汚れた月
なつかしいなぁ。これ。
読んだなぁ。小松左京好きだったかぁ。
今でも、好きですけど。
半分位は、覚えてたな。好みの奴だけ。

模型の時代
うん、覚えてる。好きだなぁ。

静寂の通路
これは、印象的だったな。
ダイオキシンとかの土壌汚染のニュース見ると、いつも思い出す。

青空
これも、すごく覚えてる。鼻毛の感じとか。

人類裁判
これも、草の下りが覚えてる。

お仲間入り
記憶なし

お召し
内容は覚えてた。

アダムの裔
これ好きだなぁ。はっきりと覚えてるし。

いかもの食い
ぼんやり。

せまりくる足音
これも覚えてる。今っぽい。

そして誰もしなくなった
記憶なし。

新都市建設
ぼんやり。

汚れた月
全く、記憶なし。好きじゃないっぽい。
posted by 私 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

TV 映画 極道の妻たち 三代目姐

TV 映画 極道の妻たち 三代目姐

今回は、かたせ梨乃さんの魅力が、あまり出てない。
自分の中で、80%位かなぁ。

クラブ?ローズタトゥーで、
バチバチ火花が散る所は、すごかったけど。
ホステス同士の乱闘シーンもすごかった。

後は、携帯?ハンディホンみたいなのが、すごいデカイ。
デカ過ぎ。あれは、引く位デカイ。

一番良かったのは、鉄砲玉の妹の風俗嬢役である吉川十和子さん。
水着姿は、スレンダーだったなぁ。
その後、かたせ梨乃演じるママの店のホステスをやるようになる。

最後、すごい細い綺麗な体してた。背中とか、本当に綺麗。
ベッドにうつ伏せになってる姿が、特にかわいかった。
それだけで見る価値あるかな。

極道の妻たち 三代目姐(1989) - goo 映画
posted by 私 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋するアンカーウーマン 新ルールは“仕事より男”

恋するアンカーウーマン 新ルールは“仕事より男”

また、見てしまった。
レベッカ・ローミン演じる、ペッパー・デニスは、
今回、真赤なボディコンシャツな服着て、仕事してるし。
それはナイだろー、と思った。

今回は、水着にもなるし。すごいな。クラクラする。
来週は、覚えてたら録画しようっと。
posted by 私 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 三姉妹探偵団2 キャンパス編 赤川次郎

四姉妹探偵団じゃなくて、4姉妹探偵団だった。
という訳で、三姉妹探偵団2 キャンパス編。

記憶にないなぁ。うん、でも面白かった。

一番驚きだったのは、巻末のドラマの記述についてで、
テレビ版の河合美智子が、珠美じゃなかった事。
あぁ、そうでしたか。


posted by 私 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 三姉妹探偵団 赤川次郎

小説 三姉妹探偵団 赤川次郎

今、何かと話題の四姉妹探偵団の元になった、
三姉妹探偵団。
読んだはずだけど、全く記憶になかった。
面白かったぁ。シリーズ結構あるんだよね。
どんどん読んで行こう。


posted by 私 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

TV 映画 ハードネス

TV 映画 ハードネス

デンジャラスビューティみたいなのかと思ったら、
ダイハードだった。
ヒット作「ダイ・ハード」をそのままいただいた設定が愉快。
紹介文に笑った。
テレビ東京のお昼のロードショーじゃなければ、絶対に見ないな。
同じだったら、ダイ・ハード見るでしょ。
だって、そのまんまダイ・ハードなんだもん。

ハードネス(1994) - goo 映画

posted by 私 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

小説 物体O 小松左京

小説 物体O 小松左京
フラフラ国始末記
ダブル三角
返還
物体O
先取りの時代
イッヒッヒ作戦
仁科氏の装置

墓標かえりぬ
あれ
読んだ記憶あった。
覚えてないものあったけど。

フラフラ国始末記
あったねー。好きだなぁ。国もの?系?。

ダブル三角
これも好きだな。

返還
こういうの、きらいじゃないです。

物体O
これも楽しかったな。わだつみ出て来るんだね。
日本沈没と繋がってる?

先取りの時代
うーん、わけがわからない。

イッヒッヒ作戦
オチが、紙の奴で似た感じの記憶が。

仁科氏の装置
タイトルでオチの記憶があった。


好きではないかなぁ。

墓標かえりぬ
これもあまり・・

あれ
これも・・・


posted by 私 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 こちら団地探偵局 赤川次郎

小説 こちら団地探偵局 赤川次郎

うん、読んだなぁ。かなり覚えてる。
犯人まで覚えてるのもあるもんな。
今読むと、生活感描写に来るものがある。
posted by 私 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 翔んでる警視事件簿 胡桃沢耕史

小説 翔んでる警視事件簿 胡桃沢耕史

大韓航空機爆破事件とか、
時事の話題を取り扱ってた。
翔んでる警視は、読むのが無かった最後期に
ちょこっとだけ読んでたなぁ。
これは記憶なかった。

青函博の事が、結構詳しく書いてあったかもしれない。
珍しい。
posted by 私 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

小説 妖魔淫獄 I 兇闘編 菊地秀行

小説 妖魔淫獄 I 兇闘編 菊地秀行

タイトルでは思い出せないけど、ちょっと読んで思い出した。
読んだ記憶あるな。あのチャクラの奴だ。

それにいても、やっぱ読みすぎてグロッキーだ。
エログロなんだもん。

posted by 私 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV 未来講師めぐる 野波麻帆

TV 未来講師めぐる 野波麻帆

「ホットペッパーでも読んでろ」とか、
今回は、セリフの暴言が面白かったな。

特に、野波麻帆がセクシー!!。
録画したい位。

富豪刑事の時も、女性警官役で出てたな。
ラインなのか。

さすが、東宝シンデレラ。演じ分けがすごい。
母親時と子供が成長時で、別人だ。

今期のドラマで見てるの、結局、これだけかな。
posted by 私 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

TV 映画 耳をすませば

TV 映画 耳をすませば

山下容莉枝さん出てたんだ。
今まで、全く気づかなかった。
そういえば、マルサの女に出てるのも気づかなかったしな。

それにしても萌えた。
昔は、そんなに好きじゃなかったけど、今見ると面白いな。
風景や、表情がいいのかな。

耳をすませば(1995) - goo 映画



posted by 私 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 魔人戦士 菊地秀行

小説 魔人戦士 菊地秀行

表紙とタイトルでは、記憶になかった。
冒頭、俺の名前は醍醐、でわかった。
あぁ、死なずの醍醐だ。

読み進めて行ったら、ざっくりと記憶にあった。

それもしてもエログロ。吐きそう。
菊地秀行をずっと読まなかった理由も、
このエログロにあるんだよなぁ。

特にこの作品は、エロイな。エロエロ。
今読んでも、結構エロイ。
当時は、どんだけ興奮して読んだか。

でも、もう読めないな。
posted by 私 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 エイリアン黙示録 菊地秀行

小説 エイリアン黙示録 菊地秀行

エイリアンシリーズか。これも懐かしいな。
特に黙示録は、古本屋で買って持ってた気がするな。
4冊100円位で、ボロボロのを。

電電公社とか古いなー。
エイズの記述とか、マントル、オールナイト・フジ。
どれも、単語が古い。
自分が読んだ当時でも、もう古かったと思う。

三越の二の舞いって「なぜだ」の事だよな。
当時は、知らなかったけど、今なら理解できる語句だ。



ム。エイリアン黙示録は、無いんだな。続きを読む
posted by 私 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV 墓場鬼太郎 人狼と幽霊列車

TV 墓場鬼太郎

こうやって、昼間のと見比べちゃうと、
墓場鬼太郎のクオリティの高さが目立つなぁ。

今回は、王道のあの行きっぽい電車が登場してた。
あぁ、あるある。



posted by 私 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

TV 映画 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

TV 映画 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

ソフィー・マルソーか・・。やっぱりすごい美人だ。
ちょっと垂れ目がち?で可愛い。
それだけで、見る価値があるな。
でも、自分には、この映画は、それしか見る価値が無い。

見た瞬間わかるもんな。あ、ソフィーマルソーだ!。
そして、これが007だ!って。
ソフィー・マルソー大好きだー!!

ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999) - goo 映画



posted by 私 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TV 天才神津恭介の殺人推理

TV 天才神津恭介の殺人推理
「ふた組の夫婦のからみ合う殺意!
 昇進祝いのパーティで毒殺トリック!」
げ!村上弘明が、神津恭介役なのか。
2002年。結構最近だなぁ。初めて見た。
近藤正臣のイメージしかないけどなぁ。

ああっ!北原佐和子が水着になった!!当時38歳!?か。
いいなぁ。
なんか、このシーンに見覚えがあるような、ないような。

ワイン飲んで、口紅を指先で拭く感じなんかは、すごく来てた。
posted by 私 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする