2009年11月26日

小説 覗き小平次 京極夏彦

小説 覗き小平次 京極夏彦

読んだら長編の時代小説だった。
結構面白かったな。すごい面白いとは言わないけど。
posted by 私 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 柳生一族 松本清張

小説 柳生一族 松本清張

そうだなぁ。全体的に固い。
池波正太郎や司馬遼太郎とかに比べると、固い。
と思った。
posted by 私 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説 屍鬼 小野不由美

小説 屍鬼 小野不由美

SIRENがここから影響受けたというので、読んだ。
ちょっと登場人物多くて、イラっとしたものの、
なかなか面白かった。読んで損は無さそう。

自分だと流血鬼を思い出すんですが、流血鬼自体も
リチャード・マチスンのアイ・アム・レジェンドから
来ているのを、今回初めて知りました。
かなり興味が沸きました。読んでみたいかも。
posted by 私 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする